マガジンのカバー画像

カルチャー

22
弥生のカルチャーや制度、福利厚生など社内の雰囲気や働き方に関する記事を発信
運営しているクリエイター

記事一覧

オフィスにパン屋!?地元ベーカリーのサテライト店舗が札幌オフィスに開設されたよ

弥生は、全国9拠点にオフィスを構えており、各オフィスでは独自の施策も展開しています。今回は、札幌オフィスの新しい取り組みをご紹介します。 札幌オフィスでは、月1回お昼休みに 地元のベーカリーショップ coron のサテライトショップを始めました。 開設に至った経緯と、月1回のショップ開催日の様子を美味しい匂いが漂ってきそうな写真とともにご紹介します🥐🥪ぜひご覧ください! サテライトショップ開催の経緯実は、2021年に札幌カスタマーセンターが今のオフィスに移転した際から、

あけましておめでとうございます!弥生note編集部に2024年の抱負を聞いてみた

はじめに、このたび能登半島を震源とする大規模地震により犠牲となられた方々に心よりお悔み申し上げるとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。 * * * 新年あけましておめでとうございます。note編集部です! 2024年がスタートしました。年初めにしたいことと言えば、今年の抱負決め!皆さんは今年の抱負を立てられましたか? 弥生公式note編集部4名から、ご挨拶代わりに【新年の抱負】を述べさせていただきます! こやま <編集部のリード役>noteネーム:こや

3年ぶりにリアルで全社の社員総会行いました!!

こんにちは。note編集部です。 弥生では、毎年10月に「社員総会」を開催しています。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ここ数年はオンラインを軸に社員総会を行っていましたが、2023年10月、3年ぶりに社員が一堂に会する社員総会を実施することができました! 今回は2日間にわたり、オンラインとリアルのハイブリッド開催となりました。1日目は、オンライン配信で社員表彰や各本部からの発表。2日目はリアル開催で、トップメッセージやリーダーのパネルディスカッション、そして懇親会が

かわいい自社Tシャツが欲しすぎて作った話(すごくかわいい!)

弥生公式note編集部 兼 PRチームの庄村です。 突然ですが、皆さまが所属する企業・団体・チームにオリジナルアパレルってありますか?   IT企業だと浸透しているコーポレートアパレル。それこそ同業のfreeeさんのアパレルが本当におしゃれで羨ましく思っていました。 「いつか弥生にもあんなおしゃれなアパレルができたらいいのになあ」と思いつつ、もはやリモートの方が前提になってオフラインイベントが減った弥生では、待てど暮らせどTシャツが作られる気配はありません。   「だったらも

Slackカスタム絵文字と企業文化の考察

多くの企業で導入されているであろうコミュニケーションツールSlack。カスタム絵文字の追加ができることはあまりにも有名で、note上でも多くの企業がその活用事例を公開しています。 弥生も例に漏れずSlackとカスタム絵文字を活用しており、便利なものから若干用途不明なものまで多種多様な絵文字が存在しています。それらを日常的に駆使しながら日々を過ごしていましたが、ひとつの疑問が湧いてきます。 「弥生で一番使われている絵文字って、なんなんだろう……?」 気になって仕方なかった

最近の社内コミュニケーション!<おやつの時間/タウンホールミーティング/花火鑑賞>

こんにちは、note編集部です。 この夏、4年ぶりに自宅近くの花火大会や夏祭りが開催され、かつての日常風景が戻ってきた感じがして、懐かしくうれしい気持ちでいます。 弥生でも、社内コミュニケーションが活発になっています。最近のさまざま取り組みについて、どれも素敵なので紹介させてください! おやつの時間 コロナ禍の制限が緩和されて、最近は出社するメンバーも少しずつ増えてきました。しかし、在宅勤務が長くなり、オフィスに行くきっかけがない、という人もいます。 そこで、出社のき

「社内報アワード2022」シルバー受賞! 社員に身近なWeb社内報になるまで

弥生には、「ヤヨイロ」というWeb社内報があります。コンスタントに月20本以上の記事が発信され、社員にとって身近な存在かつ社内を知る情報源です。 歴史をさかのぼると20年以上(!?)前から社内報を運営している弥生ですが、2022年に初めて、ウィズワークス株式会社が主催する「社内報アワード」でシルバー賞を受賞することができました! そこで今回は、Web社内報「ヤヨイロ」を社内に浸透させた立役者であるマーケティング部の麻谷さんと、2022年5月から「ヤヨイロ」の責任者として運

中小企業診断士の資格を取得し、副業開始!事業コンシェルジュを体現していきたい。

弥生では、2022年1月から副業規定が新設されました。制度を活用し、弥生での仕事と副業を両立させて、活躍のフィールドを広げている方がいます。 今回は、2021年に中小企業診断士の資格を取得されたのち、副業をスタートしたマーケティング本部 細田さんに日々の働き方やキャリアアップについてお話しを伺いました。 弥生のビジョンと中小企業診断士は同じ方向を向いている――副業を始めたきっかけを教えてください。 細田さん 大きなきっかけは中小企業診断士の資格を取得したことです。中小企業

2023年 弥生の入社式を終えて

こんにちは! 弥生株式会社の新入社員担当です。 2022年10月に行われたオンライン内定式から早半年…。 ついに、2023年4月3日、弥生株式会社の新入社員入社式を迎えました!!!喜ばしいことに、内定式に参加した5名全員が入社しました。 ということで、今回は入社式当日の様子をレポートしてまいります。(最後に新入社員研修の話も少しだけ) ■この記事を書いた人 入社式当日のスケジュール新入社員入社式当日は、このようなスケジュールで動いておりました。 ・午前中は式典・懇親

奨学金返済を企業が肩代わり!?弥生のユニークな福利厚生をご紹介します

弥生にはさまざまな福利厚生がありますが、その中でもひと際異彩を放っているのが「奨学金返済支援手当」という制度です。 奨学金は基本的に入社前、学生時代のもの。なのにどうして会社が?と疑問に思われるかもしれませんが、制度の中身も、それができるに至った経緯もとってもユニーク&ハートフル!   今回はそんな実に弥生らしい、福利厚生を紹介します! ・ ・ ・ ・ ・ 制度の概要人事規定には下記の通り記載されています。(一部抜粋、編集) 要約すると……! ・ジュニアなメンバーの奨学

公式noteの作り方~ネタ発見から記事公開するまで~

こんにちは、弥生公式note編集部の庄村です。 公式noteが立ち上がってから1年半※ちょっと。安定的に記事を掲載することができ、おかげさまでPV数も順調に伸びています。 ※弥生公式noteは2021年3月にスタートしました! 近いところだと10月(弥生では期首にあたります)から、毎月の弥生の取組みをお伝えするMonthlyLetterをリニューアルしたり、ブランドの統一感が出るようにサムネイル画像全体のトンマナを統一したりと様々な角度から見せ方・伝え方を変えようと模索中

脱・内定式らしさ?弥生のオンライン内定式2022

こんにちは! 弥生株式会社の新卒採用担当です。 2022年10月3日、弥生株式会社の23卒オンライン内定式が行われました! 参加してくれた内定者は5名です。 今回は、内定式の企画から当日の様子までをレポートします。 ■この記事を書いた人 コンセプト弥生の23卒内定式のコンセプトは、「脱・内定式らしさ」でした。 新型コロナウイルスの広がりは徐々に収束傾向にあるものの、参加者の安全を考慮して、内定式はオンライン開催となりました。 23卒は、まさにオンライン選考世代であり、企画

突撃!となりのリフレッシュ休暇

弥生にはユニークな福利厚生がいくつもあります。今回はそのうちのひとつ、リフレッシュ休暇のご紹介です。 リフレッシュ休暇とは一定の勤続年数ごとに特別休暇を付与する制度ですが、厚生労働省の調べによると、リフレッシュ休暇を実施している企業は約13.9%だそうです。 日本の中でもレアケースに分類されそうなリフレッシュ休暇。はたして弥生ではどのように活用されているのか、実際に付与されたお二人にインタビューをしてきました! リフレッシュ休暇の使い方に迷っている方にも、全然イメージが

マラソン部「走れ弥生!!」場所を超えて、皆で励まし合いながら走り続ける!

弥生では社内親睦会として、フットサル、ゴルフ、英語、BBQなど、さまざまな部活動や同好会があります。以前のnoteにて、社内同好会「創作Cafe」を紹介しましたが、今回は運動系の団体についてお届けします! 運動系の団体は、北海道拠点のアウトドア、東京拠点のゴルフ、フットサル、ヨガ、大阪拠点のマラソンとあります。活動頻度はそれぞれ異なりますが、勤務後や休日に集まって活動をしています。 そのなかでも、大阪を拠点に活動しているマラソン部 「走れ弥生!!」について、紹介します。