弥生株式会社 公式note
人事部長メッセージ
見出し画像

人事部長メッセージ

弥生株式会社 公式note

弥生の新卒採用をご検討いただいている方へのメッセージ第二弾です。
今回は人事総務部部長の辻元から、弥生で活躍する人材についてお話いたします。

第一弾はこちら

一緒に働きたい人材とは

採用情報の「求める人物像・選考基準」にも記載させていただいていますが、新卒、中途を問わず「自律」「チームワーク」「顧客志向」の3つを常にお伝えしています。

まず「自律」
自分事として仕事に立ち向かえることが重要です。
決して「待ち」ではなく、自ら「向かって」行動を起こしてもらいたいと考えています。
行動を起こしたら、どうすれば目的を達成できるのか徹底的に考えて行動に移すことです。失敗したっていいんです。新入社員の特権です。

次に「チームワーク」
自律を求めていますが、「自分が自分が」という独りよがりは良くありません。1人の力はどんなに力がある人でも1人の力以上にはなれないのです。

ただ、チームは違います。
3人集まれば3人以上の力を発揮することもできるのです。逆に2人分くらいの結果になってしまうこともあるのです。
常にチームで最大価値を追求していきます。決して個人だけの力に頼ることなく、自律した個人同士の強い結束が弥生の強みです。

最後に「顧客志向」
当たり前と思われるかと思いますが、そんなに簡単なことではないのですよ。お客さまって何を求めているのだろうか、お客さまが求めていなくてもお客さまが本当に必要としているものって何だろうか、どうすればお客さまはさらにお客さまが望む道に進むことができるのだろうか。

その答えは1つではないのです。
もしかしたら正解というものはないのかもしれません。
だからと言って自分達が自分達の勝手な安易な理論でものごとを進めることはいたしません。お客さまと徹底的に向き合って最善を尽くしていきます。

それが弥生であり、それに一緒に歩める皆さんとともに働きたいと思っています。

成長する人材とは

短い言葉で表すならば「夢を持っている人、そして夢を実現しようとしている人」です。弊社社長の岡本が話す言葉でもあるのですが、
「夢があるからそこに歩む力があるのです。
ただ、人はそれぞれがいだいている夢を超える行動を起こすことは難しい、とすると夢が小さければ行動もそれ以上に小さくなってしまう、であれば夢は大きく持ち自分自身がどうありたいかが大切」というものです。

世にいう成長して成果を残している人は夢という大きな原動力を持ち、夢の実現のために幾度となくチャレンジしていくのです。
そのような人も恐らくいっぱい失敗をしたと思います、また心が折れそうになることもあったと思います。
ただ、その失敗を失敗で終わらせないために、一生懸命「もがくこと」が成長するためには非常に重要なのです。
多くの方が話されていますが、成長は仕事の中でしていくものであり、壁にぶち当たり、もがいて、答えを見つけることで成長していくのです。

ドラマのサクセスストーリーの様に華やかではなく、ちょっと泥臭いなーと受け取られてしまうかと思いますが、それが成長することへの一番確実で、一番近道ではないかと思います。

また、折角の成長の機会をいやいや仕事しても成長は難しく、どんな仕事でも新たな発見や自分でしかできないことを見つけることはできるはずです。
どんな仕事でも仕事を楽しむという姿勢も成長に欠かせないことかと思います。


2023卒エ▼新卒採用サイト

▼23卒ビジネス職エントリーはこちらから

▼23卒開発職エントリーはこちらから


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
スキありがとうございます!
弥生株式会社 公式note
「弥生会計」から始まった弥生は今、「事業コンシェルジュ」として、価値ある新たなサービスを提供する存在になることを、会社のビジョンとして掲げています。私たちの想いをもっと知っていただくために、弥生の副音声的なこぼれ話や裏側をお伝えしていきます。