北海道初となる営業拠点「札幌営業所」を開設しました。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

北海道初となる営業拠点「札幌営業所」を開設しました。

弥生株式会社 公式note

2021年5月10日、弥生は札幌営業所を開設しました!

弥生では、2007年7月に札幌にカスタマーセンターを開設しており、なじみ深い地域でもあります。

ただ、会計事務所を中心とする営業活動については、東京支店から飛行機、電車を乗り継ぎ、パートナー(弥生PAP会員)先の会計事務所へ訪問していました。

このたび札幌に営業所を置くことで、地域に密着したスピーディなサポート体制を整えます。

▼プレスリリース

北海道の税理士事情

北海道は、広大で肥沃な大地を生かした農業、豊富な水産資源による漁業などの第一次産業や、国内外を問わず観光や保養を目的の訪問者が多く訪れる、観光業が盛んな地域です。

さらに札幌市は、全国の市の中では横浜市、大阪市、名古屋市に次ぐ4番目の人口を有している大都市です。

大通公園2

それにも関わらず、北海道の税理士登録数が1,869人、税理士法人届出数は264と他の区分地域と比べて税理士登録数が少ないことをご存じでしょうか?全国の税理士登録数と比較してみると 2.4%だそうです。
北海道の法人数に対する税理士事務所の割合は、 なんと0.2%です。

弥生は、多くの顧問先や業務を抱える税理士事務所をタイムラグなく、シームレスにサポートできる体制の構築する必要があると考え、このたび札幌営業所の設立に至りました。

労働人口の減少が全国より約10年早く進む

また北海道は、出生率が全国平均よりも低く、労働人口の減少も全国と比べて約 10 年早く進んでいる人口減少先進地 と言われているそうです。(北海道庁総合政策部 「令和元年 労働力調査」の第 2 表「産業別就業者数・雇用者数」による)

労働力人口の減少という課題に直面するにあたり、「ITの活用による業務効率化」は必要に迫られることだと思います。

個人事業主でも、従業員が1名の小規模な会社でも、老舗企業でも、起業したばかりでも、バックオフィスにおける業務効率化ができるよう、会計事務所をはじめとするパートナーと協力してまいります。

札幌営業所 所長よりメッセージ

札幌営業所の所長を務める石田より、北海道のパートナーの皆さまへ向けてメッセージです。

2021年5月10日付で、札幌営業所 所長になりました、石田です。

今回、営業所を開設することで、北海道地域の弥生PAP会員(弥生のパートナープログラム会員)の皆さまやビジネスパートナーの皆さまと今まで以上にコミュニケーションを取ることが可能になります。
それにより、皆さまの現状をさらに知ることで、各事務所様が抱える業務の問題やお悩みを一緒に考え、解決に導くようなご提案ができると考えています。
そして、弥生製品の導入や会計業務の自動化を推進することで、皆さまの業務効率化ならびに生産性向上の一助になるのではないかと確信しています。

併せて、事業者の皆さまに税理士・会計事務所を無料でご紹介する「会計事務所・税理士紹介サービス」を通じて、新規開業の準備から法人決算まで、悩みをかかえる事業者へのサポートにも努める所存です。

まずは北海道地域の弥生PAP会員(弥生のパートナープログラム会員)の皆さまおよびビジネスパートナーの皆さまには、札幌営業所を身近に感じていただけるよう努力してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

なお、札幌市の感染状況によりますが「弥生PAPカンファレンス」を、7月6日(火)に開催予定です。その際にぜひ、ご挨拶させていただければと思います。

※新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、予定が変更になる場合がございます。最新の情報は上記Webサイトにてご確認ください。

営業所 (2)

オフィスは札幌カスタマーセンターと同じフロア。
21階で眺めがいいです。

開所

左から:所長の石田、塩田
2人体制でスタートです!


スキありがとうございます!
弥生株式会社 公式note
「弥生会計」から始まった弥生は今、「事業コンシェルジュ」として、価値ある新たなサービスを提供する存在になることを、会社のビジョンとして掲げています。私たちの想いをもっと知っていただくために、弥生の副音声的なこぼれ話や裏側をお伝えしていきます。