400名以上がオンラインでつながる、弥生の「社員総会」のご紹介!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

400名以上がオンラインでつながる、弥生の「社員総会」のご紹介!

弥生株式会社 公式note

弥生では、毎年10月に全社員参加の会議「社員総会」を開催しています。

まだまだ新型コロナウイルス感染拡大の予断を許さない状況のなかですので、今年も2020年に引き続き、オンラインでの開催となりました。

当日は、ZoomとSlackを活用し、社員参加型でのオンラインミーティングです。

今回はそんな弥生の「社員総会」について、紹介させていただきます!

弥生の「社員総会」とは

「社員総会」は、毎年、弥生の期初である10月に開催している、弥生の全社会議です。

簡単に言うと、「1年間の業績はどうだったのか」「これからの弥生の事業の方向性」など、経営陣・マネージャーからの業績報告と経営方針を社員に発表する場です。

また、弥生のValueを体現し、実績を残した功績をたたえる「弥生賞」の発表や、昨年からは、社員参加のパネルディスカッションも行っています。

新型コロナウイルス感染拡大以前は、本社近隣ホテルに会場を借り、全国拠点からメンバーが集まり開催していました。2020年、2021年開催に関しては、感染拡大状況を鑑み、会場で行う形式からオンラインへ移行する方針となりました。

★ホテルで開催してた2019年のようす

画像4

画像4


2021 当日のスケジュール

📝 スケジュール
第一部 12:30~18:30(参加必須)
・経営概況報告
・FY21従業員満足度・エンゲージメント調査報告
・FY21弥生賞発表
・成長戦略Update 他
・セキュリティ対策 他
・FY22以降に向けた取り組み
・新しい働き方に向けた制度改定 ~FY22新人事制度の改定~
・内から見た弥生[パネルディスカッション]
・外から見た弥生[パネルディスカッション]
・Wrap Up

●第二部 18:45~19:55(自由参加)
・乾杯
・本社新オフィス紹介ムービー
・接写クイズ
・大抽選会

当日のようす

感染対策をした上で、本社より生配信です!

画像5


社員表彰 「弥生賞」の発表!

弥生の社員表彰は、Mission、Vision、Valueの“Value(弥生の価値基準/行動指針)”に基いて活動したチーム・プロジェクト・個人を対象としています。
以下3つの賞があり、今回は34のノミネート(昨年の倍以上!)され、当日表彰チームが発表されました。

◇ 弥生賞:4チーム
Valueを体現し、実績を残した功績をたたえる

◇ スポットライト賞
:3チーム
陽の当たりづらい業務や一生懸命頑張っている縁の下の力持ちの努力や姿勢をたたえる

◇ チームヤヨイ賞
:1チーム
業務内・外を問わず活発に交流し、周囲に笑顔を広め明るくしたことをたたえるまたは、弥生のビジョンや文化を理解・共感し、熱意を持って、主体的な行動のサポートを実施したことをたたえる

弥生賞は受賞チームの中からさらにグランプリが選出されます。
今回は、グランプリに選ばれたチームをご紹介します。開発本部の「SMART(自動取込自動仕訳)推論エンジン刷新」チームです!

自動取込・自動仕訳機能とは、「弥生会計」や「やよいの青色申告」など弥生会計ラインアップでご提供しているサービスです。紙のレシートや銀行などの金融機関の明細データ、請求書アプリのデータやPOSレジシステムで入力したお店の売上データなどを、クラウド経由で自動取込、自動で仕訳する機能です。

お客さま自身で、入力をいただく必要がないので、日々の取引の入力業務を大幅に削減することができます。

今回、この自動仕訳時の勘定科目を推論するロジックを刷新したことにより、推論精度の向上が見込まれます。より高い精度で、自動仕訳されるため、よりお客さまに便利に使用していただくことが可能になりました。

20211013記者発表資料_final

2021年10月 記者発表資料より


以下、弊社代表 岡本の弥生賞グランプリ選出にあたってのコメントです。

「本当は全員に賞を与えたいくらいなのですが、みんな活躍している中でその中でも際立っている『SMART(自動取込自動仕訳)推論エンジン刷新』チームに受賞していただきました。このチームはこれまでにない価値をチャレンジして作りました。『これは弥生だよね』という新しい価値を作っていることは本当にすばらしいことだと思っています。」

第二部は懇親会!

第一部ビジネスセッションのあとは、社員お待ちかねのビアバストです!

懇親会は新卒入社3年目までの若手メンバーが企画・運営しています。
オンライン開催ということで、一体感を醸成するのが難しいなか、今年の新たな試みとして、CommentScreenというツールを導入!
配信動画に、ニコニコ動画風にコメントを流すことができ、オンライン開催であっても一体感やライブ感を演出。

画像1

突っ込みどころ満載(?)のVTRや、経営陣・マネージャー協賛の豪華大抽選会も行われました!

抽選箱デコレーション

ちなみに、自宅参加のメンバーも、感染対策をして会社から参加したメンバーも、フード宅配サービス「nonpi foodbox」を利用して、みんなで同じ食事を楽しみました(^^)

新しい働き方、新しいコミュニケーション @弥生

弥生では、2020年4月から本格的にリモートワークが始まりました。

当初は、コロナ禍による通勤や集団を回避するためのリモートワークでしたが、2021年からは、多様な働き方の選択肢としてリモートワークとオフィス勤務が選べるようになりました。

今回の社員総会でも、「新しい働き方に向けた制度改定」について話があり、FY22(2022年度)からは、さらに進化した働き方が実現します。(この話はまた改めて!)

オフィスワークとリモートワークを適切に組み合わせることによって、ワークライフバランスを改善すると同時に、最大のアウトプットを目指します。

今回、オンラインでの社員総会となりましたが、Slackで社員同士が活発に意見を交わすことができ、あらためてFY22の目指すべき方向性が、全社で共通認識できました。

オフィスワークとリモートワークのハイブリッドの中でも、コミュニケーションを大切に、全社一丸となって、スモールビジネス事業者のみなさまのお役に立てるよう、取り組んでまいります


この記事が参加している募集

オープン社内報

励みになります!
弥生株式会社 公式note
「弥生会計」から始まった弥生は今、「事業コンシェルジュ」として、価値ある新たなサービスを提供する存在になることを、会社のビジョンとして掲げています。私たちの想いをもっと知っていただくために、弥生の副音声的なこぼれ話や裏側をお伝えしていきます。