確定申告をよりスムースに!Mac対応e-Taxモバイルアプリ「弥生 電子署名」リリースの裏側
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

確定申告をよりスムースに!Mac対応e-Taxモバイルアプリ「弥生 電子署名」リリースの裏側

弥生株式会社 公式note

2022年2月16日から令和3年分(2021年分)の所得税の確定申告の受付がスタートしました。弥生では、Macをご利用のお客さまが、直接e-Taxによる申告が可能になる「確定申告e-Taxオンライン」の提供を開始しています。

申告データをe-Taxに送信するときに、マイナンバーカードを読み取って電子署名する「弥生 電子署名」アプリも提供しています。ICカードリーダー/ライターの代わりにお使いいただけます。
今回は、「弥生 電子署名」アプリの開発の裏側をシステム開発部 モバイルチームの古藤さんからお届けします。

(本記事は、弊社社内報に掲載された内容を一部加筆や修正して、
#オープン社内報 としてnoteで公開しています!)

こんにちは。開発本部 システム開発部 モバイルチームの古藤です。
モバイルチームではチームメンバーのプロジェクトマネージャー、技術開発のリーダーがつぎつぎ育休に入っていきました。そのまま不在のうちにこっそりリリースされたe-Taxモバイルアプリ「弥生 電子署名」についてご紹介します。
(できる男たちは「あとはやるだけ」の状態で子育てに入っていきました…お子さんのご誕生おめでとうございます!)

「弥生 電子署名アプリ」って?

e-Taxとはご存じの通り、国税電子申告・納税システムのことです。
マイナンバーカードで署名することで、市区町村の役所の窓口に行かずとも確定申告を行うことができます!
だがしかし…マイナンバーカードの読み取りにカードリーダーが必要でした。

「弥生 電子署名」アプリは、スマホでかんたん!

「弥生 電子署名」アプリは、マイナンバーカードの読み取りをスマホで行えて、弥生の確定申告e-Taxオンラインと連携して、e-Taxへの送信までできちゃいます!

Step1. 確定申告e-Taxオンラインに表示される2次元コードを読み取って、申告するデータが合っているか確認!

Step2. マイナンバーカードの署名用のパスワードを入力して、マイナンバーカードを読み取ってe-Taxに送信!

おわり!
いかがですか?かんたんでしょう。

こだわりのUX

「弥生 電子署名」アプリは「かんたん」にこだわり、ステップ数を少なく、お客さまが操作を迷わないように、デザイナーの二人ががんばってくれました!
また、早い段階でコンテンツ、マーケティング、顧客サービスの各部各チームの皆さんに
・        デザインお披露目会
・        アプリのデモンストレーション会
を行って、早めのフィードバックをいただくことで、色んな人の視点での「かんたん」を作りこんできました。

しかし、懸念も

スマートフォンにマイナンバーカードをかざしてください。

文字にすると簡単ですが、皆さんはご自分のスマホのどこにカード読み取り機能があるかご存じですか?

Androidは色んなメーカー・色んな機種があり、「弥生 電子署名」アプリの対象機種も1976機種。iOSは機種ごとの差も少ないのですが、それでもお客さまは読み取り機能の場所がすぐにわかるでしょうか…?

人の振り見て我が振り直せ

コロナ禍、スマホでマイナンバーカードを読み込むとワクチン接種証明書を表示してくれるアプリが国からリリースされました。

日頃から、自社製品の開発に活かすために、世の中のさまざまなアプリを参考にして自社製品の開発に活かしていますが、国が提供するアプリも例外ではありません。

「マイナンバーカードが読み取れない」とストアレビュー☆1やTwitterにてコメントが見受けられました。

私たちはそれらのコメントも参考にして、Androidではマイナンバーカードを検知したタイミングでアニメーションを変える等のUXをさらに改善することができました。

※Android・iOSは提供されている技術の違いにより、一部画面デザインが異なります。

スマホでマイナンバーカードを読み込むのは、もはやスタンダードになってきていますね。

しかし、順調なときほど事件が起きます。

署名アプリ、署名できないってよ

2022年1月下旬のリリースまであと2ヶ月…という2021年11月下旬。
とある声が響きました。

「弥生 電子署名」アプリで署名した申告データが、
テスト用の国税庁e-Taxサーバーで受理されない!

すぐにモバイルチームとe-Taxオンラインチームが一丸となって、なぜ受理されないのかの解析を行い、「署名対象としていたデータが違う」という原因が判明。
マイナンバーカードでの署名仕様が、文章だけの説明であったため、その文章を誤解釈して開発したことが根本の原因でした。
修正するにしても、元の技術がブラックボックス。

手探りのTry & Errorを何度も実施し、なんとか修正することができました。

元々モバイルチームでは問題が起きることも想定内として、スケジュールを空けていましたが、リリース2カ月前にアプリの存在意義を揺るがす不具合には大いに焦りました。

チームをまたがる新機能について、早めの確認をするに越したことはなし、という反省でした。
皆さんもお気を付けください!

最後に

Misocaアプリを除き、弥生の初の内製モバイルアプリとしてリリースされた「弥生 電子署名」アプリを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

モバイルチームは弥生のモバイルアプリをより強化していくため、これからも邁進していきます!

参考

▼弥生の「確定申告e-Taxオンライン」

▼やよいの青色申告 オンライン サポート情報

▼確定申告について


この記事が参加している募集

オープン社内報

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
スキありがとうございます!
弥生株式会社 公式note
「弥生会計」から始まった弥生は今、「事業コンシェルジュ」として、価値ある新たなサービスを提供する存在になることを、会社のビジョンとして掲げています。私たちの想いをもっと知っていただくために、弥生の副音声的なこぼれ話や裏側をお伝えしていきます。